薄毛の原因は人それぞれです。

みんながみんな、例えば遺伝が原因だとか決め付けることはできません。

しかし、ほぼ全員の生活習慣はAGAに深く関与してくるようです。

生活習慣といえば、アミノ酸が深く関わってくることで知られていません。

では何が原因で人はみんな毛が抜けていくのでしょうか?

 

シャンプー中のアミノ酸のはたらき

ピリドキシン(ビタミンB6)は、色々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー源を燃やすのに必要な回路へ取り込ませるために輪をかけて化学分解するのを促す作用もあります。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する作用のあるナイアシンは、宿酔に効果的です。不快な宿酔の誘引物質とされている酢酸アルデヒドという化学物質の分解にも携わっています。

20代、30代で更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患のことを指します(この国の場合は40歳未満の女性が閉経してしまう状態のことをPOFと呼んでいるのです)。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の後追い調査の結果によると、成人に比べると若い子どものほうが放出された放射能の悪影響をより受けやすくなっていることが分かるのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血管の中の空間が狭まり、血流が停止し、酸素や様々な栄養が心筋まで送られず、筋細胞そのものが機能しなくなる深刻な病気です。

 

ロックライブにいくと毛が抜ける?

ロックのライブの開催されるスペースや踊るためのクラブハウスなどに置かれた特大スピーカーのすぐ側で大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言います。

めまいが現れず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを幾度も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」と診断する場合もよくあります。

世界保健機関は、身体に害を与えるUV-Aの異常な浴び過ぎが皮膚の病気を招くとして、19歳未満の若者がファッション感覚で日焼けサロンを利用する活動の禁止を広く世界中に喚起しています。

メタボリックであるとは言われなくても、臓器に脂肪が付く特性の悪質な肥満症を抱える事により、複数の生活習慣病を誘引する可能性が高まります。

基礎代謝(BM)とは人間が動かずにじっとしていても消費してしまうエネルギーのことを指していて、大部分を体中の筋肉・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めるということをご存知ですか?

 

ポリフェノールを飲んでアミノ酸を摂取

骨折によってひどく出血した際、急に低血圧となって眩冒や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識喪失などの色々な脳貧血の症状が出現することがあります。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特徴があるためオゾン層を通る際に一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を破損させるなど、肌に悪影響を与えます。

既に歯の周囲を覆っている骨を溶かしてしまうほど時間の経ってしまった歯周病は、残念ながら進行具合そのものが和らぐことはあっても、失った骨が元の量に復活するようなことはないのです。

ポリフェノール最大の特性は水溶性のV.C.(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)異なっていて、細胞間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化のスピードを遅くする効果を持っているのです。

HIV、すなわちエイズウイルスを有する血液、精液を始め、女性の腟分泌液、母乳といったいたる所の体液が、交渉相手などの粘膜や傷口に接触する事で、HIV感染の危険性があるのです。

 

薄毛の原因はシャンプー意外にもいろいろあった

アミノ酸性シャンプーは基本的には髪の毛にいい作用をもたらしますが、高いのが特徴です。

値段が高いとお金がなくなって満足にご飯が食べられなくなる可能性があります。

ここで、今一番売れているシャンプーの値段をチェックしてみましょう。

値段は安くはないですね。したがって、お金がなくなって栄養が取れなくなる可能性があります。

栄養がなくなると薄毛が進行してしまうので注意が必要です。