基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではない状態で命を維持する(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の維持など)のに要る最低限のエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。

ダイエットに没頭するあまり摂取カロリーの総量を抑える、食事を抜く、等のライフスタイルを続けると栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を齎していることは、何度も危惧されていることです。

高熱が特徴のインフルエンザに適した予防法や医師による処置等必ず行う対策というものは、季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わりません。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの数値でモニタリングできますが、ここ数年間で肝機能が衰退している人が明らかに増加しているということが分かっています。

BMI(体重指数を求める式はどの国も同じですが、BMI値の位置づけは各国それぞれ違っており、JASSOではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義しているのです。

アイコンタクトで、入居者さんがセラピーアニマルをすごく可愛いと感じることでオキトキシンが分泌され、結果としてストレス緩和や心のヒーリングなどに繋がっています。

ポリフェノールで最も有名な特徴は水溶性のV.C.や脂溶性のV.E.などとは異なっており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ作用を発揮するのです。

黴菌やウィルスなど病気をもたらす微生物(病原体)が口から肺へ侵入して発症し、肺そのものが炎症反応を示した有様を「肺炎」と総称しているのです。

薄毛対策に有効なのが、INZEALシャンプーなんです。

めまいが起こらず、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴の症状をいつまでも繰り返すケースを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という呼称で呼ぶ事例も多いそうです。

アルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、辛い二日酔いに極めて有効です。辛い宿酔の元凶物質とされるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質の無毒化にも携わっています。

日々の規則正しい暮らしの継続、腹八分目を心がけること、程よい体操など、古臭いとも言える体についてのおこないが老化防止にも関係しているといえます。

内臓脂肪型の肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖のうち2項目か3項目全てに該当する健康状態のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと言っています。

日常的にゴロンと横向きになったままでテレビを視聴していたり、長時間頬杖をついたり、かかとの高い靴等をいつも履くというような癖や習慣は体の左右の均衡が乱れる大きな要素になります。

バランスの取れた食事や体を動かすことは当然ですが、体の健康やビューティーアップのために、食事以外に複数のサプリメントを服用する事が常識的になっているということです。

くも膜下出血(SAH)はその80%以上が「脳動脈りゅう」という脳の血管の不要なコブが破裂してしまう事が理由となって発症する深刻な脳の病気として知られています。