基礎代謝量というのは目が覚めている状態で生命活動を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋緊張の保持など)のに外せない理論上のミニマムなエネルギー消費量の事を指しているのです。

お薬、アルコール、増粘剤を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する活動を解毒と呼んでおり、多機能な肝臓の最も大切な職務のひとつであることは間違いありません。

ダイエットを成功させたいばかりにカロリー摂取を抑える、食べる量を落とす、こうした暮らしがひいては栄養をも不足させ、深刻な慢性の冷え性を齎すことは、何度も危惧されています。

杉の花粉が飛ぶ3月前後に、小児が発熱はみられないのに頻繁にくしゃみをしたりサラサラした鼻水が止まない時は、もしかすると杉花粉症の恐れがあるかもしれません。

子どもの耳管の構造は、大人の耳管と比較して幅広で短くなっており、尚且つほぼ水平になっているため、細菌が侵入しやすくなっています。子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関係しています。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは、最も患者数の多い中耳炎で幼い子供によく発症します。耳の痛みや38度台の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのいろいろな症状が発生するのです。

もう歯の表面を保護している骨を脆くさせるほど悪くなってしまった歯周病は、もし炎症自体が落ち着いたとしても、エナメル質が元通りに復活するようなことはまずないでしょう。

UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという性質があり、オゾン層を通過する際に一部が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊したりして、肌に悪い影響をもたらすのです。

http://www.botasespana.xyz/

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法としては大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス術」という両者の手術の方法が標準的に活用されています。

臓器である前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても大きく関連しており、前立腺に出現したガンも同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用で大きくなってしまうのです。

体脂肪量(somatic fat volume)に変化がないのに、体重が食物・飲料の摂取や排尿などにより一時的に増減する際は、体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が高くなることがわかっています。

いんきんたむし(陰金田虫)は20代~30代の比較的若い男の人に多く確認されており、よくあるパターンとしては股間の辺りだけに広がり、身体を動かしたり、お風呂上りなど体が温まった時に激しいかゆみを招きます。

好気性桿菌の結核菌は、感染している人がゴホゴホと「せき」をすることによって室内に撒かれ、空気中でフワフワ移動しているのを別の人が呼吸しながら吸い込むことでどんどん感染します。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事内容の欧米化やタバコを飲む事・お酒を毎晩飲む事・肥満といった生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁って、ここ数年日本人に多く発生している疾患だということができます。

汗疱(かんぽう)とは掌や足裏、指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱が現れる症状で、通常は汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出現すると水虫と早とちりされることもあります。