トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ機能が殊更有名ではありますが、それ以外に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑制したりすることが知られています。

「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「取り去るべき」ものと思いがちですが、実を言うと、人間は様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬と言い、カビの一種の白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの部分に何らかの理由で感染し、棲みついてしまう病気の事であり即ち水虫のことなのです。

春に患者が増える花粉症とは、山の杉やヒノキ、マツなどの花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を起こしてしまう病気として知られています。

明るくない所では光不足によって見えづらくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに余分なパワーが消費されてしまい、結果的に明るい所でモノを眺めるより疲れやすいです。

加齢が原因の耳の聞こえにくさにおいては時間をかけて聴力が落ちていくものの、多くの人は還暦を超えないと聴力の悪さをしっかり認識できません。

目と目を合わせることで、患者が猫を可愛いと感じる時に「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスの緩和や心の癒しなどに繋がっているのです。

今、比較的若い世代で感染症である結核に立ち向かう免疫(抵抗力)を保有しない人々が増えていることや、早合点のために受診が遅れることなどに縁る集団院内感染が増加傾向にあります。

説明は、こちらのHPをご覧になってください。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓に存在する血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことにより、その膵臓から微々たる量のインスリンしか出なくなってしまって発症してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手のひらや足裏、又は指と指の間などにブツブツの水疱ができる病気で、通俗的にはあせもと言い、足裏にできると水虫と間違われる場合もままあります。

前触れもなく発症する急性腸炎は、一般的には腹痛・悪心・下痢を伴う位で済みますが、細菌感染による急性腸炎の場合はひどい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38℃以上の高熱が出るのが特徴だといえます。

悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、通常なら人をガンから保護する役目を果たす物質を作出するための型である遺伝子の異常で発病するということが分かっています。

日々繰り返される規則正しい暮らしの継続、腹八分目の徹底、適度な軽い運動やスポーツ等、アナログともいえる健康に対する配慮が老化対策にも関わっているのです。

杉の花粉が飛ぶ季節に、まだ小さなお子さんが体温はいつも通りなのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした水っ洟が止まる気配をみせない時は、もしかすると『スギ花粉症』の可能性があります。

通行中の衝突事故や屋根からの転落など、非常に大きな圧力がかかった場合は複数のポイントに骨折がみられたり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、さらに重症の時は内臓が破損することもよくあります。