「時間に追われているように忙しい」「気を遣う様々な人間関係がすごく嫌だ」「あらゆるテクノロジーや情報の進歩になかなか追いつけない」など、ストレスを受けてしまう状況は人によって異なるようです。

スギの花粉が飛散する1月~4月の間に、小児が体温はいつも通りなのにくしゃみを連発したり水っ洟が止まらないような症状だったなら、杉花粉症の可能性があるでしょう。

めまいは起こらないのに、不愉快な耳鳴りと難聴の症状を何度も発症する症例の事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で診断する事があるそうです。

必要な栄養を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことは当然のことながら、心身両面の健康やビューティーアップのために、食事の補助として色々な成分のサプリメントを服用する行為がまったく珍しくなくなってきているのです。

ふと気が付くと横向きの状態でTVを視聴していたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴を毎日履いたりという癖や習慣は身体の左右のバランスを乱れさせてしまう元凶になります。

学校や幼稚園のような大規模な集団生活の中、花粉症の症状が原因でクラスの友達と同様にめいっぱい走り回ることができないのは、子どもにとって悔しいことです。

ともすると「ストレス」は、「なくすもの」「除去しなければいけない」ものと考えがちですが、実の所、我々はこうしたストレスを感知しているからこそ、生きていくことが可能になっているのです。

自分では骨折しているのかどうか区別がつかない時は、ケガをした部分にある骨を優しく指で触ってみてください。その箇所に強烈な痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

薄毛対策に有効なのが、INZEALシャンプーなんです。

流行性感冒とも呼ばれるインフルエンザに適している効果的な予防法や病院での治療などベーシックな措置そのものは、それが季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでも変わらないのです。

20代、30代で更年期がやってきたとすれば、医学的な用語で表現すると「早発閉経(early menopause)」という病気のことを指します(この国では40歳未満の女性が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と称しています)。

「肝機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3つの数値によってモニターできますが、ここ数年肝機能が悪化している人々がだんだん増えているということが危険視されています。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧になってしまうと、全身の血管に大きな負担となり、身体中至る所のありとあらゆる場所の血管にトラブルが生じて、合併症を招く蓋然性が拡大するのです。

お薬やアルコール、合成発色剤を始めとした食品への添加物等を酵素で分解し、無毒化する事を解毒と呼び、多機能な肝臓の最も大切な役目の一つだと言えるでしょう。

チェルノブイリ原発の事故の長期間に及ぶ追跡調査のデータから、体の大きな大人よりも体の小さい未成年のほうが放出された放射能の害をより受容しやすいことが明らかになります。

不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても発生することがあるためさほど難しい心臓の病気ではないのですが、同じような発作が立て続けに出る場合は楽観視できないといえます。