「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体内における脂肪が占めている度合いであって、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重×100」という計算によって弾きだせます。

いんきんたむしという病気は比較的若い男の人多い傾向があって、大抵の場合は股間部にだけ広がり、激しく身体を動かしたり、入浴後のように体が温まった時に強いかゆみに苦しみます。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究結果として、予防効果を見通せるのは、注射した14日後くらいから約5カ月間程度だろうと言われています。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても現れることがあるのでさほど逼迫した重病ではないにせよ、発作が数回続けて起こる時は楽観視できないといえます。

今時の病院の手術室には、御手洗や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、手術中に撮影するためのX線装置を備え付けるか、近距離にX線装置のための専門室を設置するのが普通だ。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経を整えたり痛みのブロック、器官の覚醒などを操作していて、単極性気分障害(うつ病)の患者では作用が鈍化していることが分かっているのだ。

もう永久歯の周りのエナメル質を浸食するほど拡大してしまった歯周病は、悲しいことに病状そのものが落ち着いたとしても、失ったエナメル質が元通りになることはまずないでしょう。

クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロする感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛ぶ量に追従したかのように悪化の一途を辿るという特徴があるのです。

http://www.botasespana.xyz/

くも膜下出血とは9割近くが「脳動脈瘤」と呼ばれる血管にできる不要なこぶが裂けて脳内出血することが原因となって起こる致死率の高い病気だと多くの人が知っています。

基礎代謝(BM)とは人間が何もせずに横たわっていても使用してしまうエネルギーのことを指していて、大部分を全身の骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めるということをご存知ですか?

吐血と喀血、両方とも口腔からの出血ですが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血は十二指腸よりも上部の消化管から出血する病状を言い表しているのです。

肝臓を健やかな状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する力が低下しないようにする、言い換えると、肝臓を老化させない対策をコツコツと実践することが重要だと思われます。

「ストレス」というものは、「無くすべき」「除去しなければいけない」と敬遠しがちですが、本当は、我々人間はこうしたストレスを体験するからこそ、生活し続けることが可能になっています。

明るくない所では光不足によってものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くため、目の水晶体のピントを合わせるのに多くのエネルギーが必要になってしまい、光の入る場所でものを見るよりも疲れやすいです。

「とにかく時間がない」「面倒くさい色々な人間関係が嫌で仕方がない」「あらゆる技術や情報の著しい進化に追いつけない」など、ストレスがのしかかるシーンは一人一人異なります。