ものを食べるという行為は、食べたいと感じた物を気軽に口に運んで20回前後噛んで飲み込んで終わりだが、その後も人体はまことに健気に働き続けて食物を人体に取り込む努力をしているのだ。

下腹の疼痛を訴える人の多い主な疾患には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の疾患等がみられるようです。

HMSの調べによれば、毎日2杯以上カフェインレスのコーヒーを飲むと、驚くことに直腸ガン罹患率を5割も減らせたのだ。

「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)などの数値によって確認できますが、ここ最近では肝機能が落ちている国民の数が微増しているとのことです。

気分障害の一種であるうつ病は副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、憂うつ感、不眠、強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が見られるのです。

陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)という病名で、かびの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、臀部などの部分に何らかの理由でうつり、定着した感染症で俗に言う水虫です。

BMIを算出する式はどの国にも共通していますが、数値の位置づけは各国それぞれ違いがあって、(社)日本肥満学会ではBMI値22を標準体重とし、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と位置付けています。

衝突事故や建築現場での転落など、かなり強い圧力が体にかかった場合は、複数の位置に骨折が齎されたり、複雑骨折となったり、ひいては内臓が損壊することも考えられます。

説明は、こちらのHPをご覧になってください。

HIV、つまりエイズウイルスを持つ精液や血液の他、女性の母乳や腟分泌液などの様々な体液が、交渉相手や看病する人などの傷口や粘膜部分に触れることで、HIVに感染する危険性が高くなってきます。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を悪くしたり突然変異を招く悪質な物質を体の中で解毒し、肝臓の機能性をより強める性質が認められているのです。

ただの捻挫だろうと自己判断して、包帯やテーピングテープで動かないように固定し、様子を窺うのではなく、応急処置が終わったら迅速に整形外科で診察してもらうことが、結局は早く完治させる近道に繋がります。

ポリフェノールで最も有名な特性はL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性であるビタミンEなどとは異なっていて、細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、更には細胞膜でも酸化しにくくする効果があるそうです。

平成17年2月以降特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語の文章を表記すること義務化している。

悪性腫瘍である卵巣がんは、正常なら人間の体をがんにさせない役目をする物質を生成するための型ともいえる遺伝子が異常をきたすことで発病してしまうということが分かっています。

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合は猛烈な腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが特徴だといえます。