一度永久歯の表面のエナメル質を減らしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、たとえ進行具合そのものが安定したとしても、失った骨が元の量に再建されることはまずありません。

UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表に達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響を与えることが明らかになっています。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を左右するβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまうことから、結果的に膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなってしまって発病してしまう自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

トコトリエノールの働きは抗酸化機能が一番知られていると思いますが、更に肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの産出を抑えたりすることが認められています。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、苦しい宿酔に効果的な成分です。苦しい宿酔の因子と考えられている酢酸アルデヒドという物質のクラッキングにも携わっています。

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり変異をもたらすような悪質な物質を体の内部で解毒し、肝臓の性能を促進する特性が分かっているのです。

エイズとはヒト免疫不全ウイルス、すなわちHIVの感染によって罹患するウイルス感染症の事であり、免疫不全を招き些細な真菌などが原因の日和見感染や悪性腫瘍等を発症してしまう病状の事を称します。

吐血と喀血、どちらも口からの出血に変わりはありませんが、喀血は咽頭から肺をつなぐ気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことで、吐血の方は十二指腸より上にある消化管から出血する病状を表しているのです。

説明は、こちらのHPをご覧になってください。

脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が誘因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の因子として男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのアンバランス、リボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が考えられているのです。

欧米においては、新薬の特許が切れてから4週間後、市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に替わる薬もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)は世界に浸透しているという現実があります。

拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、体中の血管に重いダメージがかかり、頭のてっぺんから足の爪先までありとあらゆる場所の血管にトラブルが生じて、合併症を誘発する確率が高くなるのです。

今、比較的若い世代で感染症である結核に抗える免疫力、すなわち抵抗力の無い人たちが多くなっていることや、診断が遅れることに縁る集団感染や院内感染が増加傾向にあります。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫に染色されるグラム陽性球菌で、毒が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒のきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けることができるのです。

目と目を合わせることなどで、要介護者が動物をすごく愛おしいと感じる時に「絆のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを和らげたり心のヒーリングなどに結びつきます。

BMIを求める式はどこの国でも一緒ですが、BMI値の評価は国ごとにそれぞれ異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満を低体重と決定しています。