H17年2月以後トクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の文句の記述が義務化している。

もう歯の周囲のエナメル質を溶かしてしまうほど放置してしまった歯周病は、悲しいかな病状そのものが治まったとしても、なくなったエナメル質が元の量に復活するようなことは無いに等しいのです。

スマホ使用時の光のチラつきを和らげる効果のあるレンズの付いた眼鏡がいま最も人気を集める理由は、疲れ目の対策にたくさんの人々が惹かれているからだと言えるでしょう。

バイク事故や山での転落など、非常に強い圧力がかかった場合は複数の部位に骨折がみられたり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、重症の時は内臓が破損することもあり得ます。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常なら人の体をガンから保護する役目を担う物質を生成するための型である遺伝子の不具合によって起こってしまうということが分かっています。

スギの花粉が飛散する季節に、まだ小さなお子さんが発熱はしていないのにしょっちゅうクシャミしたり水っ洟が出続けているようなケースは、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いといえます。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに代わり、平成24年9月1日から原則無料で接種することができる定期接種となることによって、注射する個別接種の形になりますのでご注意ください。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、有害な紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮ふ疾患を起こす可能性が高いとして、18歳以下の人がファッション感覚で日サロを使用することの禁止を主に先進国に提案しています。

薄毛対策に有効なのが、INZEALシャンプーなんです。

70代以上の高齢者や病気を持っている人は、特に肺炎を起こしやすく治りにくいという傾向があるため、事前の予防や迅速な治療が必要です。

花粉症というのは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの大量の花粉が誘因となって、クシャミ・皮膚の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを齎す病気だといえます。

「常に時間に追われている」「手間のかかる様々な人間関係が嫌」「技術やインフォメーションの進化に追いつけない」など、ストレスが蓄積される誘因は十人十色です。

フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている物質が、肝臓に存在している解毒酵素の機能的な創造を促しているかもしれないという新たな可能性が見えてきたのです。

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、保菌者がゴホゴホと「咳」をすることで空中に投げ出され、空気中でフワフワ飛んでいるのを今度は違う人が空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染していきます。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大方は腹痛・悪心・嘔吐・腹下しの症状が出る程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・ずっと続く吐き気・幾度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度以上の高熱が出るのが特徴なのです。

気分障害のうつ病は副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の様々な症状が見られます。