「体脂肪率」というものは、身体の中の脂肪の溜まっている歩合のことであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という式で弾きだせます。

環状紅斑とは何かというと環状、すなわち円い形状をした赤い色の湿疹や鱗屑など、皮ふ疾患の総称であり、その誘因は正にいろいろだといえるでしょう。

トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる働きが殊更認識されていますが、その他に美肌作用や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。

近年患者数が増加している花粉症とは、杉や檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だということは、今や常識となりました。

頸椎などが痛むヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間で緩衝材的な役割を担っている椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の線維軟骨が飛び出してしまった症例を称します。

学校等の団体行動において、花粉症のせいでクラスメイトと等しく明るく運動できないのは、本人にとってもさみしいことです。

内臓脂肪の多い肥満が確認され、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、「血圧(blood pressure)」、高血糖(こうけっとう)のうち2~3項目相当するような様子のことを、メタボと言っています。

UVB波は、UVA波より波長が短いという性質があるのでオゾン層でその一部が吸収されるのですが、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸を破損させるなど、皮ふに良くない影響を与えるのです。

説明は、こちらのHPをご覧になってください。

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も一緒ですが、値の評価基準は国家単位で異なっていて、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準、BMI25以上を肥満、BMI18.5未満を低体重と決定しています。

塩分や脂肪分の摂取過多を控えた上で簡単な運動に努め、ストレスを感じすぎないような暮らしを心がけることが狭心症の素因である動脈硬化を未然に防止するコツなのです。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚がしびれるような感覚があったり下肢の浮腫みなどがよく見られ、進行すると、深刻な場合、心不全も招くことがあるのです。

インフルエンザ(流行性感冒)に適応した予防法や治療方針というような基本の措置自体は、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど変わらないのです。

お年寄りや持病をお持ちの方などは、ことさら肺炎になりやすく治りにくいという特徴があるので、事前に予防する意識や迅速な手当が重要だといえます。

いんきんたむしという病気は20~30代の比較的若い男性に多い傾向があって、原則として股間部だけに広がり、運動をしたり、お風呂上りなど身体が熱くなった時に強い痒みを起こします。

万が一検査で実際に卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも足りず早期閉経と判明した場合、その女性ホルモンを足すような治療等で緩和が期待できます。