UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという性質があるため大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、皮膚に良くない影響を与えることになります。

肝臓をいつまでもきれいにキープするためには、肝臓の毒素を分解する力が落ちないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓の老化対策を迅速に実行することが有効です。

70代以上のお年寄りや慢性的な持病のある方などは、極めて肺炎に罹りやすく治療が長引く傾向にあるので、予防策の徹底や迅速な処置が肝要です。

腹部の右上にある肝臓に中性脂質やコレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、肝硬変や脳梗塞を筆頭に多くの生活習慣病の合併症の因子となる可能性があるのです。

ピリドキサミンには、多種多様なアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギー代謝のために必要となる回路へ取り込ませるため、再び化学分解するのを助長する働きもあると言われています。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、1週間くらい処方薬を飲めば、一般に9割近くの人の自覚症状は去りますが、かといって食道の粘膜の炎症自体が完治したとは言い切れないので留意してください。

塩分や脂肪分の摂り過ぎは中止して自分に合った運動を心がけ、ストレスの多すぎないような暮らしを意識することが狭心症をもたらす動脈硬化を事前に防止するポイントなのです。

チアミン不足が原因の脚気の症状は、手や脚が何も感じなくなったり脚のむくみなどがよく見られ、症状が進行してしまうと、最悪の事態では心不全を起こす可能性があるとのことです。

薄毛対策に有効なのが、INZEALシャンプーなんです。

男性の生殖器である前立腺はその生育や働きに雄性ホルモンが密に関係していて、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの働きによって肥大化してしまうのです。

学校・幼稚園などの大勢での集団行動の中、花粉症の症状が主因で他の皆と同じようにして思う存分行動できないのは、本人にとってもさみしいことです。

緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝りや首のこりから来る肩こり頭痛で、「頭を締め付けられるような激しい頭痛」「重くてたまらないような耐え難い頭痛と言われます。

気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質である「セロトニン」が不足することにより、不眠、憂うつ、強い疲労感、食欲低下、体重減少強い焦り、意欲の低下、そして重症化すると自殺企図などの辛い症状が現れるのです。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、辛い二日酔いに効果的な成分です。不快な二日酔いの要因とみられるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質の無毒化にも作用しています。

虚血性心疾患の心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が細くなってしまい、血液の流れが止まって、必要な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋繊維が壊死するという大変深刻な病気です。

体脂肪の量(somatic fat volume)にさして変動がなく、体重が食物摂取や排尿などにより短時間で増減する時は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少すると体脂肪率が上がるのです。