体を動かすのに必要なエネルギーとして瞬時に役立つ糖分、細胞の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、度の過ぎたダイエットではこれらのように様々な活動をキープするために絶対必要な重要な栄養分までも減らしてしまう。

「肝機能の悪化」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の値によって判断することができますが、ここ数年で肝臓の機能が落ちている国民の数が増加傾向にあるということが注目されています。

耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3つに分類することができますが、中耳の部分に様々なばい菌やウィルスなどが付いて発赤等の炎症がみられたり、液体が滞留する病気を中耳炎と呼んでいます。

普通は水虫イコール足、中でも足の裏にできる皮膚病だと思われがちですが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけに留まらないので、体のどこにでも感染する可能性があるので注意してください。

前立腺という生殖器は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密に関連していて、前立腺に現れたガンも同じように、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに影響されて大きくなります。

普通なら骨折しない位のごく小さな圧力でも、骨の狭い個所に何度も休みなくかかることによって、骨折する事もあり得ます。

老化が原因の耳の聞こえ辛さではなだらかに聴力が低くなりますが、大体は還暦くらいまでは耳の衰えをあまり自認できないのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の中が細くなり、血流が途絶えて、栄養や酸素が心筋まで配達されず、筋線維そのものが死ぬという大変怖い病気です。

説明は、こちらのHPをご覧になってください。

昨今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対しての免疫(抵抗力)を保持していない人々が増加していることや、自己判断のせいで診断が遅れることが誘因の集団・院内感染(アウトブレイク)が増えているようです。

強い痛みを伴うヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間に存在して緩衝材の役目を果たしている椎間板という名称のやわらかい円形の組織が突出してしまった症例のことを指します。

食事という行動は、食べ物をなんとなく口に入れたら約20回噛んで後は嚥下するだけだが、その後も体は実にまめに働いて異物を身体に取り込む努力を続けているのだ。

必要な栄養を網羅した食生活やスポーツは勿論、健康増進や美容を目的とし、目当ての栄養を補うために数種類のサプリメントを採用する事が一般的になっているということです。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(DNA)を傷つけたりして、肌に悪い影響をもたらすことになります。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体の中の脂肪の溜まっている重さで、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という計算式によって算出することができます。

筋緊張性頭痛というのは肩凝りや首のこり、張りが因子の日本人に多い頭痛で、「ギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ズドーンと重苦しいような酷い痛み」と表現される症状が特徴です。