2005年(H17)年2月以降特保の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」とのフレーズの明示が義務となっている。

ブラッシングで、入居者さんが犬のことをとても愛おしいと思う時に「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスの低減や精神の癒しなどに結びつきます。

もう既に歯の表面を保護しているエナメル質を脆くさせるほど進んでしまった歯周病は、たとえ炎症自体が沈静化したとしても、なくなった骨が元の量に復活することはないでしょう。

高齢化が原因の耳の聞こえ辛さは時間をかけて聴力が低くなるものの、通常は還暦過ぎくらいまでは聴力の減退をあまり把握できません。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日から原則無料で接種できる定期接種になるため、集団接種ではなく医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変わりました。

通常の場合骨折に至らない程度の僅かな力でも、骨のある決まったエリアに幾度も切れ目なく力が加わることにより、骨折へとつながることもあります。

肝臓を健やかな状態に維持するには、肝臓の解毒作用が下がらないようにすること、要するに肝臓のアンチエイジング術をコツコツと実践することが有効です。

「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値で確認することができますが、ここ数年肝臓の機能が悪化している人数が明らかに増加しているということが危険視されています。

薄毛対策に有効なのが、INZEALシャンプーなんです。

内臓脂肪タイプの肥満が確認されて、脂質過多(ししつかた)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2つ以上に当てはまるような事例を、メタボと呼ぶのです。

環状紅斑(かんじょうこうはん)というのは環状、すなわち円い形をした紅い発疹など、皮ふ病の総合的な病名ですが、その素因はあまりにも多種多彩だということができます。

患者数が増加しているうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなった結果、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦り、意欲の低下、そして重症になると自殺企図等の辛い症状が出現するのです。

我が国における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に沿う形で推進されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは数多くある結核以外の感染症とひとくくりにして「感染症法」に基づいて遂行されることになったのです。

汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足の裏、又は指と指の間などにブツブツの水疱がみられる症状で、一般には汗疹(あせも)と呼ばれ、足の裏に出現すると水虫と間違われることもあります。

吐血と喀血はどちらも血を吐くことですが、喀血というのは咽頭から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血であり、吐血というのは十二指腸より上部にある食道などの消化管から血が出る状態を表しているのです。

真正細菌の一種である結核菌は、菌に感染している人が咳き込むことによって外気に放り出され、空気中にふわふわ動いているのを他人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染します。